favorites of rtjrny | sa.yona.la ヘルプ | タグ一覧 | アカウント登録 | ログイン

favorites of rtjrnyall replies to rtjrnyfavorites of rtjrny

もう大人だけど

返信

あと15分か。

誕生日になるその瞬間をひとりで過ごすんだろうか。


いつもよりちょっと早く帰って

誕生日の瞬間をお祝いしようとか思ってくれないのかな。

投稿者 fz9xif | 返信 (1)

Re: http://yn5z7u.sa.yona.la/26

それって、

返信

生活に追われて物理的な問題によって

回数が減るんですか?


それとも、子どもとの触れ合いによって

人肌に触れることの意味が変わって

性欲自体が減るんですか?


子どもを持ったら誰でも

そうなる(なり得る)んでしょうか?


未知の世界・・。

投稿者 ykxifb | 返信 (2)

Re: わぉ

ビッチだからこそ

返信

肉体関係のある方が上位だ、

とは思わないんですよね。

矛盾するかも知れないけど。

投稿者 ykxifb | 返信 (0)

Re: 自分も

あぁ・・

返信

>> もめるくらいなら黙ってよう


これすごく分かる気がします。

でもモメないと解決しないような。

ぐるぐる。


肉体関係ないってことは本当に

「気持ち」が動いちゃってるんですね。

引き留める道具だもんな、体って・・。


なんか上手いこと言えなくてすみません。

草食系って何なんでしょうね。

投稿者 ykxifb | 返信 (1)

休みたいから休む

返信

別に用事がないのに

ただ休みたいから仕事を半日で切り上げる

体を休めるために使っているから

「休む」って言葉通りだけれど


体に悪いとわかってるのにマック

持ち帰ってのんびり食べてたら

ナゲットにソースが付いてなくってへこむ

投稿者 fz9xif | 返信 (0)

Re: さらに

えー

返信

20代で週1はツラいですねぇ。

自分じゃ考えられないなぁ・・。


好きな人と一緒に暮らしてて

触れたくならないのかな?


性欲のない人って、自分には

霞み食ってんの?並に不思議。

投稿者 ykxifb | 返信 (2)

Re: いいなーっておもう

いやいや

返信

本題とかないんで大丈夫ですよ。


今は自分の方がサカってて、

1日1回じゃ寧ろ足りないとか。

で、相方のヘルニアは悪化の一途。


10年経ったら落ち着くんですかねー。

投稿者 ykxifb | 返信 (1)

5秒前の午後-18

返信

セフレ(29歳/SE)の誕生日を祝う。


以前より体調が良さそうで安心した。

顔色も良い。


風風亭で食べ放題&飲み放題。


生理だよ、と伝えてあったのに

手を繋いで道玄坂に連れて行かれた。


プレゼントも用意してないし

それくらいいいか、と思うのが

ビッチでダメなのかもしれない。


ぼんやりとBOSSを観ながら

2回して、シャワー浴びて解散。


帰ると相方は既にベッドの中。

私がいつも寝ている場所には

アルパカが横たわっていた。


自分:「どかしていい?」

相方:「だめ、一緒に寝てんだから」

自分:「・・」


キスして抱きしめてくれているうちに

我慢できなくなったらしい。


「(口で)して欲しい・・」


俺だけごめんね、と言いながら

気持ち良さそうな相方を見るのも

結構好きだったりする。

投稿者 ykxifb | 返信 (1)

5秒前の午後-17

返信

友人の新居祝を探しに買い物。

考えた末、資生堂パーラーに決定。


マロニエゲートに寄り道して、

スーパーで惣菜と氷を買って

21時過ぎに帰宅。


明かりが点いていた。


「おかえり」


早く帰ってくるなら言ってくれれば。


言った先から自己嫌悪を感じた。

まるで小言。

自分はあくまでも相方にとって

「同居人」であり「嫁」じゃない。


相方は腰痛がひどくて寝不足だと言う。

事務所の鍵とiPodをなくしたらしい。

疲れが溜まってる。

強行日程の旅行はかなり堪えた様子。


私がまだ起きているのに、

相方は先にベッドに入り

部屋の電気を消してしまった。


数分で寝息が聞こえ出す。


アトピーが悪化しだしていて

薬を塗って欲しかったんだけど。

自己中なのはお互い様か。


どこか歯車がズレているような、

奇妙な違和感を感じた夜だった。

投稿者 ykxifb | 返信 (0)

5秒前の午後-16

返信

友人に誘われるも折り合いがつかず、

別の友人を誘うもタイミングが合わず。


2日連続で1人で夕飯を摂るなんて

いつぶりだったか思い出せなかった。


埃を被っていたDSを久々に起動させる。

アクションは相変わらず下手だった。


(自称)彼氏から電話が鳴る。

相変わらずのマイペースさで

一方的に喋り、数分で切れた。

月末に会うことになった・・みたい。


雷と雨の音がひどく気付かなかったが、

相方からメールが入っている。


「蛙。ケロケロ」


・・?


「今日は帰るよ」


分かんないって。


DSにも飽きてきた頃、ドアが開いた。

いつの間にか雨は殆ど上がったらしい。


相方は遅い夕飯を摂りシャワーを浴びる。


相方:「昨日は眠くて大変だったよ」

自分:「私もー」


自業自得ながら、仕事にならず苦労した。


「男はね、眠いと誤作動が起こるんだよ」


誤作動って表現はちょっと面白い。


いつものように薬を塗ってもらう間、

自分は欠伸ばかりしていた。

終わって2人揃ってベッドに横になる。


「寝る?する?」


笑いながら聞かれた。

答えは決まってる。


「__にね、するっと入ったとき、


続きを読む

投稿者 ykxifb | 返信 (0)

5秒前の午後-15

返信

23:20、メール着信。


「どしゃ降りだし

 仕事終わんないし

 今日は泊まります」


独りで寝るということの意味が、

一ヶ月前とは少し変わっていた。

投稿者 ykxifb | 返信 (0)

5秒前の午後-14

返信

-6/12


昼に相方からメール。


「バスとったぜ」


週末、相方が珍しく2連休なので

旅行に行こうという話になっていた。


金曜の夜に夜行バスで出発、

土曜の朝に着いて適当に泊まり、

日曜の夜に新幹線で帰る計画。


天気が良さそうなのと

相方に土地勘があるので、

行き先は大阪になった。


浮かれて定時に脱出して買い物へ。

落ち着かないまま部屋で待っていると

相方が帰ってきて、一緒に部屋を出る。


東京駅丸ノ内口側のバス待合所は、

旅行鞄を抱えた人で溢れかえっていた。


指定された時間に集合する。


と、相方の名前が予約表にないらしい。

数秒の沈黙の後、相方は係員に何かを告げ

私の肩を抱いて足早にその場を去った。


相方:「・・今日、何日?」

自分:「12だよ」

相方:「まぁそういうこともあるさ」


相方の手にある支払いの控えには、

『13日 22:20発』と書かれていた。


相方は見たこともないくらい

全身に大汗をかいている。


「何をバタバタしてたんだろうね」

と笑って部屋の最寄り駅まで戻り、

改めて夕飯を摂った。


初めて入る昔ながらの寿司屋は

日付も変わろうというのに混みあっていた。


オーダーと乾杯をを済ませ、一服し、

やっと相方は落ち着いてきたようだった。


続きを読む

投稿者 ykxifb | 返信 (0)

Re: http://fc8mkt.sa.yona.la/32

なるほど

返信

相方の側に過ちがあったようには

見えないんですけどね。


しかし最近ちょっとその「やり直し」を

自分に求められているような気がして

怖くなってきました。

・・思い過ごしであって欲しい。

投稿者 ykxifb | 返信 (0)

5秒前の午後-13

返信

先週に続き、相方の職場の近くで外食。


狭いカウンターに並んで座る。

偶に肩がぶつかるのさえ楽しくて仕方ない。


ビール2杯と焼酎2杯。


毎日一緒に居るのに、話すことは尽きない。

相方の話はいつも面白くて、私は笑う。

それを嬉しそうに見る目がとても優しい。


営業職の自分は、早ければ来春には

地方へ転勤しなくてはいけない。


相方は言葉少なに頷いていた。


それまで一緒に居られるかなんて

分からないけど、もしそうなったら

自分たちの関係はどうなるんだろう。


「嫁と2度結婚できたなら、上手くいった」

と相方は言った。

未婚の自分には意味がよく分からなかった。


バスがなくなってしまったので、電車で帰る。


酔って足元の覚束ない自分は

電車が揺れるたびに大きくよろける。

それを一々支えてくれる相方に、

気付いたらしがみ付いていた。


部屋に帰ってからのことは記憶がない。

スーツはクローゼットにしまわれ、

化粧は落とされ、歯も磨いていた。


けど、目覚めた時は全裸だった。

投稿者 ykxifb | 返信 (1)

5秒前の午後-12

返信

相方と初めて会ってから半年が過ぎ、

同棲開始から1ヶ月が経った。

愚かな自分は何かを贈りたいと考えた。


本好きの相方にブックカバーなら

不自然でないだろうと思いつき、

友人に相談してメーカーを選定。


昨夜、仕事を早めに切り上げて

こっそり地図をプリントアウトし、

表参道に向かった。


初めて歩く街はいつも楽しい。


店は大通りに面さずひっそりと佇んでいた。

他に客が居らず入りづらいのをこらえ、

重いガラスの扉をゆっくりと引いた。


静かな店内。


買うものは決まっていたので真っ直ぐと

目的のものを見つけ、レジへ向かう。


と、また不必要な欲望が頭を擡げた。

お揃いとは言わない、何かを自分も持ちたいと。


結局帰りの紙袋の中には、黒のブックカバーと

ワインレッドの携帯ストラップが入っていた。


露骨にそれを身に付けるのは気が引け、

会社用の携帯につけることにした。

それでも常に机上にあって1日中目に入る。


想いを形にして残せば自分が苦しくなるのは

分かっているのに、繰り返してしまう。

馬鹿なんだ。


仕事で遅くなると言っていた相方は、

アルコールの匂いを漂わせて帰ってきた。


昨日もしたかったんだよ、と笑いながら

全身を撫でる手はとてもとても優しい。

普段より長く時間をかけた前戯は、

お互いを昂らせるのに十分すぎるほどだった。


熱かった。


「もう、他の男とするの、禁止」

「__は、俺、だけのもんだよ」


続きを読む

投稿者 ykxifb | 返信 (0)

Re: いつも楽しく拝k(ry

いつもありがとうございm(ry

返信

>> どーいうオンライン

端的に言っちゃえば、SNSです。


男性は写真≦現物

女性は写真>>>>現物


な場合が多いかなーって思うんですけど。

個人的には。

投稿者 ykxifb | 返信 (0)

5秒前の午後-11

返信

2月よりオンラインでやり取りのあった人と

初めて会うことになり飲みに行った。


35歳/既婚者/会社員。

男性には珍しく写真の方が良かった。


開口一番「可愛いー」と言われて違和感。


謙遜でもなんでもなく、どう見ても

可愛いと言える顔面じゃないのは

自分が一番よく分かっている。


自分に対して可愛いと形容してくるのは

遊び慣れていない、または女なら誰でもいい

という2つのパターンに限定される。


昨夜の相手は前者だったらしい。


小さな個室に通され、普通に飲みながら食事。

仕事の話やお互いのオンラインでの印象を

話し、少しずつ打ち解けていく。


その間にも「菊川怜に似ている」とか言われる。

※断じて似てない。


3杯目を飲み終わりグラスを置いたときに、

「キスしてもいい?」と聞かれた。

自分がビッチなのは知られているし、

今更カマトトぶって拒否する理由もなかった。


同じアーティストが好きなのを話していたので

カラオケに移動することになった。

駅前の販促チラシを受け取り昭和通りを越える。


好きだというだけあってそのアーティストの歌は

一通りそつなく歌いこなしていた。


ふと曲が途切れ今度は問答無用でキスされた。

腰を抱えて立たされ、壁に押し付けられる。

胸や内腿に指が這い相手の意図を感じる。


断った。


相手も意外そうだったし自分も意外だった。

過去の自分なら迷わずカラオケを出て

山手線に飛び乗って鶯谷を目指したろうに。


また会えるかと聞かれ曖昧な返事をしたまま

それぞれの帰途についた。


続きを読む

投稿者 ykxifb | 返信 (0)

5秒前の午後-10

返信

昼に相方からメールが来る。

一緒に住んでるんだから

帰ってから話せばいいのに、と

思いつつ微笑ましくなる。


しかも内容は「ち_ぽの皮が痛い」。

自業自得・・。


夜は友人(27歳/彼女有)と夕飯。


元々はセフレだし今もそうなんだけど、

最近は会っても飲んで喋るだけのことが

殆どで、昨夜もその例に漏れず。


頭の良い人なので話していて楽しい。

相方のことを話すと、肯定も否定もせず

茶化しも冷やかしもせず聞いてくれた。


出会ってからの3年、私の身に起こったことは

親よりも誰よりもこの友人が知っている。


たっぷり終電間際までダベって帰宅。

やはり電気は消えていたが、

ドアを開けると「おかえり」と言われた。


手早く寝る支度をしてベッドに入る。

抱きしめられてキスをして言う。


「今日もパンツ履いてないよ」


男性が急に優しくなった時は、

浮気をしているのだと聞いた。


どこで誰とどうしようが気にしないし

急に帰ってこなくなっても仕方ないし

口を挟む権利など欠片もないけど、

何かあったのかなと少しだけ不安。


杞憂であればいいと、思う。

投稿者 ykxifb | 返信 (0)

5秒前の午後-09

返信

-6/5


セフレさん(40歳/バツイチ)と会う。


先週、休日の突発は難しいと伝えたら

平日で攻めてきてくれた。

会いたいと思ってもらえることは、

寂しがり屋の自分にとっては嬉しい。


無印に寄り道して、5丁目の交差点の

焼鳥屋の奥の席でがっつり飲む。


相方のことを話す。

__が会いにくくなるならもう1人くらい

セフレが欲しいなあと笑っていた。


ゴールデン街奥のホテルで休憩。

特に好みでも上手いわけでもない。

ただなぜか襲いたくなる・・色気?

2回して靖国通りに出たとこで分かれた。


終電ぎりぎりで帰ると電気は消えていた。


起こさないよう明かりは点けずに部屋へ入り、

着替えて化粧を落として歯を磨いて

狭いベッドの空いているスペースに入る。


気配で目が覚めたのか寝ていなかったのか

相方の腕が伸びてきて抱きしめられた。


相方:「遅い」

自分:「ごめん」

相方:「寝てたら襲ってって言ったよね?」

自分:「眠いでしょ?」

相方:「じゃあパンツ履く・・」


手で探ると、確かに履いてない。

その格好で何時間も私を待ってたの?


笑いがこみ上げてくる。

37歳のおじさんに適さない形容詞だろうけど、

可愛くて仕方なかった。


-6/6


相方は仕事。

目が覚めると家を出る時間を過ぎていた。


相方:「何で起きないの!」


続きを読む

投稿者 ykxifb | 返信 (0)

あの時は一緒にいたけれど

返信

一緒にいない間に

笑えることも

好きな音楽も

味付けも

少しずつずれて

今では全然違うものになってる


だから今一緒にいる人を大事にした方がいいよ

投稿者 fz9xif | 返信 (0)

API | 利用規約 | プライバシーポリシー | お問い合わせ Copyright (C) 2018 HeartRails Inc. All Rights Reserved.